PtoP 産地情報

【マスコバド製糖工場を支える技術者】アイクさん

フランシスコ・モスクエラ(通称アイク)さんがマスコバドの製糖工場(ATMC)に入社したのは2005年のこと。それまではネグロス島内の大規模な製糖工場で働いていました。

サトウキビのジュースを絞り、煮詰めてマスコバド糖に加工する工場の技術者として、毎日の製造だけでなく、設備そのもののメンテナンスから開発・製作まで担っているアイクさん。

2017年3月、アイクさんはATMC工場長のスティーブさんと一緒に、奄美大島群島のひとつである喜界島を訪問しました。喜界島の砂糖の製造方法や製糖工場の製造設備を実際に見学して、マスコバド糖工場の改善に生かすための視察でした。

前年の2016年、喜界島のサトウキビ生産者であり製糖工場の技術者でもある島村克広さんをはじめとした製糖技術者の方々が、ATMCの製造効率や品質改善の協力のためにネグロス島を訪問されて以来、二つの砂糖の島の交流が始まっています。


《続きはウェブサイトでどうぞ》

【オリーブオイル生産のために働く】パレスチナのイッサさん

パレスチナ農業復興委員会(PARC)が設立したフェアトレード事業会社(アルリーフ社)の副社長を務めるイッサ・シャトラさん。イエス・キリストの生誕地、ベツレヘム出身のクリスチャンであるイッサさんは、高校生のときにPARCのボランティアとして活動を始め、PARCの奨学金を得てフランスの大学で農学を学びました。以来、さまざまな形でオリーブを生産するパレスチナ農民のために働いてきました。

イスラエル占領下にあるパレスチナ西岸地区において、農業が経済活動に占める位置は高く、オリーブは主要作物です。1990年代よりPARCは農民への技術指導や搾油・保管施設の改善を通して、付加価値の高いエキストラバージン・オリーブオイルを生産し、欧米のフェアトレード市場に向けて輸出してきました。しかし、知名度が低いパレスチナのオリーブオイルの市場開拓は容易なものではありませんでした。イッサさんはイタリアやスペインといった「オリーブオイル先進国」の事情を勉強して、品質を保証する制度や仕組みの必要性を痛感しました。


《続きはウェブサイトでどうぞ》

【ラオスのコーヒー生産者】ノンルワン村のジョンさん

ラオス南部、ボラベン高原に位置するパクソンから南下するとたどり着く村、ノンルワン。同村出身の女性と出会って恋に落ちて結婚し、軍隊を退役してコーヒー栽培を営んでいるジョンさんは、ATJの現地パートナー団体ジャイコーヒー生産者協同組合(JCFC)の理念に共感し、筋トレや匍匐前進とは無縁の、自然に寄り添ったコーヒーを作り続けてきた一人です。

訪問するといつも嬉しそうに案内してくれるジョンさんのコーヒー畑は、畑というか森。自宅から凹凸の激しい轍の上でトラックを疾走させ、その荷台で揺さぶられること20分、恋しくなった地面に降り立つと、すかさず大型のヒルが嬉しそうに足元に寄り付き、頭上では「ワーンワーン」というグラスハーモニカのようなセミの鳴き声が出迎えてくれる、野性味溢れる土地に点在しています。


不思議とヒルに食われている様子もなく、畑を目指してサンダルで勝手知ったる森を歩きまわるジョンさん。道すがら、突如視界から姿を消し、斜め前方の地面にしゃがみこんだかと思うと、他人の土地で勝手にキノコを採取して大はしゃぎ。お気に入りの木の前で「写真撮ってー」とポーズを取るかわいい一面もある一方、集合写真ではよそ見に終始し、おおらかで飾るところのない気質が魅力のお方です。

《続きはウェブサイトでどうぞ》

【バランゴンバナナ生産者】 ロッキー・ベントゥラさん&サラ・ベントゥラさん

西ネグロス州ラ・カルロータ市山間部に位置するユボ村は、バランゴンバナナの民衆交易が始まった当初からの産地のひとつ。山からの恵みを運んでくれる大きな川が流れるこの地域にロッキーさん、サラさんご夫妻は住んでいます。


二人は、野菜と果樹の栽培、養豚、養鶏などの有畜複合の有機農業を営んでいます。昔は小さかった土地を少しずつ大きくしていき、コーヒーやバナナ栽培を広げていき、1991年頃に日本へのバランゴンバナナの出荷も始めました。

ロッキーさんは、よく言います。「土地を持っているということは、自分たちで食べものや収入を作り出せるということ。農家であるということは、自分たちで自分たちが欲しいものを生産できるということ。本当に感謝しなくてはいけない」と。二人を訪問すると、いつも畑で採れた食材を使った絶品料理で迎えてくれます。

そんな夫妻ですが、90年代はバンチートップというバランゴンバナナの病害に悩まされました。山の一部に、葉が委縮してしまって扇のような形をしたバナナを見つけ、「これは何だろう?」と思っていたら、あっという間に山全体に広がり、9割以上のバナナが病気になってしまっていたそうです。

《続きはAPLAのウェブサイトでどうぞ》

  • 2020.08.14
  • 13:39

店長ブログ

こんにちは!店長の福島です。
この日記では、ネットショップのこと、商品のこと、商品の背景にあることなど、さまざまなことを書いていきます。疑問に思ったことなどを取り上げ、調べたことなども書く予定です。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • バラ商品発送日

9月末より、バラ・セット商品の発送は、火・金曜日のみとさせていただいております。
ケース単位の商品のご注文は、倉庫より、月曜日~金曜日の間に発送いたします。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ